第10回記念 富山県ジュニア短歌大会

平成30年10月14日 13時30分より、高志の国文学館で『第10回記念 富山県ジュニア短歌大会』を行いました。

第吃瑤蓮表彰式でした。
県歌人連盟 上田会長の開会の挨拶の後、北日本新聞社 黒田文化部長さんより、お祝いの言葉をいただきました。
そのあと表彰式を行いました。

表彰式の後、日名田幹事が小学校を、明石幹事が中学校、そして、あべ幹事が全体の作品講評を行いました。

 

 

第局瑤蓮短歌づくりの実践校の紹介をしました。

富山市立古里小学校による「全員短歌」と滑川市立滑川中学校の文芸部の取り組みです。2校とも素晴らしい実践でした。
フリートークでは、児童生徒への短歌を指導する方法やことばの面白さを伝える工夫などについて、話し合いました。
最後は、富山市立芝園中学校美術部の生徒さんによる「絵とジュニア短歌秀歌のコラボ」の作品を鑑賞しました。

 

 

 

 

 

入賞作品は下記の通りです。おめでとうございました。

 

入賞作品
小学校の部(応募総数656首)
〈優秀賞〉
 通学ろ田んぼの向こうに立山がどんなときでもわらって見える  歌の森小2年 雜大空
 せんぷうき強のボタンで台風にへやを旅するプリント集     古里小4年 野上聖名
 夏休み入道雲がそびえ立つまるで大きなモンサンミッシェル   古里小5年 藤井倫太郎
 ひい婆の横顔テラス大花火見上げる空に平和の願い       豊田小5年 仲嶺雄翔
 待ちわびたきらめくプール速足で飛び込む僕はとびうおになる  豊田小6年 松浦慶芽
〈佳作〉
 だいどころわぎりのスイカのぞいたらまるできのうのまんまるはなび  荻生小1年 泉田姫杏
 ちあだんすみんなのまえでおどったよかぜといっしょにおどったよ     福野小1年 貞苅陽那
 せんそうでひいじいちゃんは帰ったけどお兄ちゃんは帰らなかった     古里小3年 塚本瑛太
 シュノーケルしまだい家族おにごっこキラキラ光る海の宝石              豊田小4年 奥田華梨
 はしってもはしってもはしってもまだつかないそうかわたしはうしどし生まれ 山室小3年 安井嗣美
 登校日山がゆれてる通学路山が暑いと言ってるようだ      窪小6年 森 朱美
 立山に一列になり登ったらラピュタの雲が見えて笑顔に   福野小6年 安達暁秀

 

中学校の部(応募総数 628首)
〈優秀賞〉
   蝉の殻透かして見える夏の日はセピアの色に全てを染める     井口中3年 小林ひかり
   図書館で理科の問題解くはずがポアラと一緒に謎を解いてる  庄川中2年 吉江あかね
   仕事場で漁から帰った父の船身長こえるおいぼがねそべる     入善中2年 加藤猛
   麦わら帽お似合いなのは向日葵だ私の心は妬みを抱く           高志野中2年 米屋亜美
   夏祭り偶然会えたフリをして彼の向っていざ出陣す              五位中2年 大井莉子
〈佳作〉
   新チーム女子の主将を任せられ不安の中へ踏み出す一歩       井口中2年 東優里
   浴衣着て二人で並んで見た花火君との距離は近づいたかな    高志野中2年 飛弾美波
   台風が去った渚に貝の道しろく光るよ波の形に                   富山市立北部中1年 國光彩未
   異常気象日本列島猛暑日の天気予報図まっかに染まる          射北中2年 柴田紘季
   放課後に後ろ姿の君を見て声かけたくて話したくて             小杉中2年 小田実桜
   おそろしい麻薬のようなネットゲームだまされないでしかくい悪魔   小杉中2年 木下裕聖

 

 

歌会、イベント情報あれば、管理人まで

県歌人連盟所属の各会の歌会やイベントの情報があれば、

管理人まで、実施日時、実施内容、関連写真や画像を送ってください。

データ送付が無理ならば、石坂まで封書で送っていただければ、掲載します。

黒部短歌会からのお知らせ(8月2日)

「黒部短歌会作品展示会」のお知らせです。

 

1 期間と内容

  前期 8月2日(木)〜8月30日(木)

     会員の短歌 展示

  後期 9月1日(土)〜9月30日(日)

     会員の短歌と荻野弘文氏(黒部市)

     「写真とのコラボ」展示

2 時間 10時〜18路

3 場所 パレス扇寿 黒部市北新37−2

     TEL0766-52-4110

 

 

  

 

ご来場をお待ちしております。

猛暑の中、越中万葉故地・雨晴の吟行をしました

7月16日(海の日)10時すぎより
『家持讃歌秀歌百首』募集の関連イベント『越中万葉故地・雨晴の吟行』を行いました。
22名が雨晴駅に集合し、35℃を超える猛暑の中、雨晴海岸を義経岩目指して歩きました。
現地解説をしていただいたのは、高岡市万葉歴史館 学芸課長 新谷秀夫先生です。
新谷先生から、大伴家持が「渋谿」の地を詠んだ歌の背景について説明をしていただきました。
途中、芭蕉の「わせの香や分入右は有そ海」という句碑があり、家持の歌にある「越の海の 荒磯(ありそ)」の「ありそ」が「渋谿」に片寄っていることから、「有磯海」を越中の海の歌枕だと判断されたのだと教えていただきました。
他に、海のないところで生まれた家持は立山よりも海に興味があったという興味深いお話もありました。
最後は、「つまま公園」の歌碑の解説を聞き、吟行を無事に終えることができました。
新谷先生、そして参加されたみなさん、お暑い中、本当にお疲れ様でした。

越中万葉故地・雨晴の吟行 終了しました

『家持讃歌秀歌百首』募集の関連イベントとして、7月16日海の日に、『越中万葉故地・雨晴の吟行』を行います。

開催日時・内容等は下記の通りです。友人・知人お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

    記

1 開催日時

  平成30年7月16日(月・海の日)午前10時10分〜午前11時30分

2 集合・解散場所

  JR雨晴駅前

3 吟行場所

  雨晴(渋谿)・松太枝浜(長浜)

4 参加者(募集)

  富山県歌人連盟会員及び短歌愛好者 約30名

5 現地解説

  高岡市万葉歴史館

  学芸課長 新谷秀夫 先生

6 参考

  氷見線時刻表

  往路 高岡駅発  9:43 → 雨晴駅着 10:04

     氷見駅発  9:30 → 雨晴駅着  9:38

  復露 雨晴駅発 11:57 → 高岡駅着 12:20

     雨晴駅発 11:32 → 氷見駅着 11:40

 


 

 

 

 

「大伴家持生誕1300年記念式典」に参加しましょう

今年は、大伴家持の生誕1 3 0 0 年を迎えます。
これを記念し、富山県では、万葉集の編纂に込められた想いを次世代に継承するために、「大伴家持文学賞」、「高志の国詩歌賞」を創設しました。

7月28日(土)に、『大伴家持生誕1300年記念式典』を開催し、富山から全国へ、さらに世界に向けて家持と家持が詠んだ本県の魅力を発信します。参加者を募集中ですので、会員の皆様は、家族、友人をお誘いの上、ぜひお申し込みください。

 

詳細は、下記の通りです。

 

   記

 

1 日時
 
 平成30年7月28日(土)14:30〜18:00
  
2 会場
 
 富山県民会館ホール(富山市新総曲輪4-18)

3 内容

◎式辞・祝辞
◎贈呈式
 第1回大伴家持文学賞[世界のすぐれた詩人を顕彰]
      受賞者 マイケル・ロングリー 氏(詩人・イギリス(北アイルランド))
 第1回高志の国詩歌賞[富山県ゆかりのすぐれた若い世代(40歳未満)の詩人を顕彰]
      受賞者 山田 航 氏(歌人)
◎海外文筆家からのお祝いメッセージ
◎記念講演---マイケル・ロングリー 氏
◎詩の朗読---室井 滋 氏(女優、エッセイスト)
◎パネルディスカッション---テーマ「世界の詩歌 日本の詩歌」
 パネリスト・コーディネーター
  亀山 郁夫 氏(大伴家持文学賞選考委員、名古屋外国語大学学長)
 パネリスト
  松浦 寿輝 氏(大伴家持文学賞選考委員、詩人・作家、東京大学名誉教授)
  室井 滋 氏
  山内マリコ 氏 (小説家・エッセイスト)
◎記念演奏---東儀秀樹氏(雅楽師)

  
4 定員
 
 900名/参加費無料(要事前申込・抽選)
  
5 主催
 
 富山県
  
6 参加申込み方法
 
はがき、ファクス、WEBのいずれかで、(1)郵便番号(2)住所(3)氏名(4)年齢(5)電話番号(携帯電話)(6)グループの場合は全員(4名以内)の名前、年齢を明記の上、下記までお申し込みください。
◆申込み先
〈はがき〉〒930-8650(住所記載不要)
     北日本新聞社営業局内
     大伴家持生誕1300年記念式典事務局あて
〈F A X 〉 076-431-1915
〈W E B 〉 専用HP https://www.yakamoti.jp
     「大伴家持生誕1300年記念式典」の申し込みフォームから応募してください。
  
7 締切日
 
 7月6日(金)必着
 ※応募多数の場合は抽選となります。
 ※参加者には参加証をお送りします。
  (グループの場合は代表者の方宛に全員分をお送りします。)
 ※応募いただいた個人情報は本事業のみに利用いたします。
  
8 問合せ先
 
 大伴家持生誕1300年記念式典事務局
(北日本新聞社営業局内) TEL.076-445-3326

 

 

 

 

 

『家持讃歌秀歌百歌』の募集 8月31日まで

大伴家持生誕1300年記念『家持讃歌秀歌百首』を募集します。

 

歌人連盟及び北日本新聞社は、本年の富山県短歌大会が60回の節目を迎えるにあたり、万葉集の歌によって富山県の源流を形成した大伴家持を顕彰するため、広く県民から家持を讃える短歌を下記の通り募集いたします。

 

1 テーマ

 『家持讃歌』

 ✩内容は、大伴家持の和歌について感動したこと、家持の和歌が詠まれた故地を訪れての感慨、更には家持の和歌の本歌取りなどにより、家持の功績を今日の視点から顕彰することを内容とするものです。

 

2 受付期間

  平成30年7月1日〜8月31日

 

3 応募料

  無料

 

4 短歌作品

  自作未発表の作品で、一人1首に限ります。

 

5 応募方法

  ○はがきを使用し、住所・氏名・連絡先(電話番号)・年齢・職業を明記して下さい。

  ○作品には、旧カナ、新カナの別を明記して下さい。

  ○送付先

   〒930−0094

    富山市安住町2−14 北日本新聞社文化部

     「家持讃歌秀歌百首」係あて

  ○応募作品はお返しいたしません。

6 応募締切

  平成30年8月31日 当日消印有効

7 選考

  富山県歌人連盟、北日本新聞文化部、高志の国文学館及び高岡市万葉歴史観の関係者で選考します。

8 秀歌は百首の発表

  北日本新聞紙上において発表いたします。

 

◇主催 富山県歌人連盟・北日本新聞社

◇後援 高志の国文学館・高岡市万葉歴史観

第10回 県ジュニア短歌大会「短歌」作品応募のお願い (短歌指導に無償で伺います)

10月14日(日)に、第10回目「富山県ジュニア短歌大会」を高志の国文学館で開催します。
今年も、児童生徒の皆さんから多くの素晴らしい短歌作品の応募をお待ちしています。
昨年は、1573首の応募がありました。

今年の大会は、表彰式のあと、第10回大会記念イベントを行いますので、多数の参加をお待ちしております。

 

昨年から開催を10月に移行し、応募締切を夏休み明けとしましたので、
これまでより応募期間が長くなりました。

夏休みを活用されて、夏休みの課題に加えていただくことも可能です。
「短歌づくり応援活動」として、無償で講師派遣も実施しております、ぜひご活用ください。

たくさんのご応募を期待しています。

実施要項は県内の小学校・中学校に配付しております。

 


応募要項は下記の通りです。
◇ジュニア大会参加申込み(小・中対象)
(1) 出詠費及び当日参加費は無料です。
(2) 表彰 優秀作品には北日本新聞社賞を贈ります。

  入選者の氏名、学校名を北日本新聞、歌人連盟ホームページで公表します。
(3) 選者 富山県歌人連盟ジュニアの部選考委員。
(4) 作品 応募用紙、氏名・住所・学校名・学年
(5) 送り先 〒930-0874 富山市寺町 1456ー7 あべ まさこ方 「ジュニア大会」あて
  問い合わせは、TEL 076-441-3902(あべ)まで
学校応募の場合:学校で取りまとめてご応募ください。
個人応募の場合:規定の「応募票」に必要事項を明記して郵送してください。

締切は、平成30年9月7日(金)必着です。

 

昨年の入賞者

 

 


昨年の入選作品
◆小学校
優秀賞
   シーサーやモアイの顔で怒る母だけどやっぱり大好きな母
                                                                           奥田小5年
   歩けないぐずる弟かたぐるまなんだかぼくが父さんみたい
                                                                           窪小6年
   走り出す一年生の弟に転ばないようまほうをかける
                                                                           荻生小4年
   はじめての兄の運転ドキドキし会話少なくとなりに座る
                                                                           山室小1年
   音のない検査の部屋に一人きりわたしを調べる音が聞こえる
                                                                           窪小6年

◆中学校
優秀賞
   部活終え差し入れのスイカにかぶりつく渇きも疲れもみんな呑み込む
                                                                            井口中1年
   家の庭に祖父母並びて草を引く二つの影の寄り添い伸びて
                                                                            井口中3年
   波に揺れ月夜がてらす銀ルアー風ここちよい真夏の夜釣り
                                                                            滑川中2年
  「バイバイ」と振ったその手をおろせずに君の背中をずっと見つめる
                                                                            城端中1年

第60回 富山県短歌大会のお知らせ ☆一般参加大歓迎 聴講可

•下記のとおり「第60回 富山県短歌大会」を開催いたします。
  今回は日本歌人クラブ北陸ブロック短歌大会を兼ねています。

多数ご出詠、ご参加ください。一般参加、大歓迎です。
 ■主催:富山県歌人連盟・(一社)富山県芸術文化協会・北日本新聞社
 ■共催:石川県歌人協会・福井県歌人連盟
 ■後援:富山県・富山県教育委員会・富山市

 

 

1.と き 平成30年10月21日(日)9:00〜16:00

2.ところ 富山県民会館401号室(富山市新総曲輪4−18)TEL076-432-3111
3.日 程        
                 9:00〜  9:50   受付
               10:00〜10:10   開会
               10:10〜11:40   講演会 講 師 三枝昂之 先生(日本歌人クラブ会長)
                                     演 題 未定
               12:40〜13:00   富山県歌人連盟総会
               13:00〜15:50   短歌会
               16:00〜16:30   表 彰
4.参加申し込み方法
   (1) 作 品     一人1首。題材は自由ですが、未発表作品であること。


   (2) 出詠費   1,500円。
                   富山県歌人連盟会員は同封の振替用紙で作品送付と同時に納入してください。
                   当連盟会員でない方は、2,000円。   (ゆうちょ銀行振替口座番号00780-5-1921)
   (3) 締切り  平成30年9月1日(土)必着
   (4) 出詠方法 切り取り線下の出詠用紙を用いて、楷書にて応募ください。
        用紙のない方はホームページの「申し込みフォーム」から連絡ください。
                      メールで直接、富山県歌人連盟ブログ管理人メール 
            info@toyamakajin.com (石坂)でも対応いたします。
                      メールにて、申し込み用紙をPDFで添付してお送りします。
                    
   (5) 送り先  〒930-0881 富山市安養坊488 平井信一方 短歌大会事務局あて
            ※封筒に「県短歌大会出詠歌」と明記してください。

 (6) 作品集と選歌  作品集は、大会前に出詠者全員にお渡しします。
           選歌の詳細については作品集送付の時にお知らせします。
 (7) 参加費     大会当日の参加費は一般1,000円。会場の受付で納めてください。
                    なお、石川県歌人協会、福井県短歌人連盟の方々は無料です。
          講演会聴講のみの方は500円を受付で納めてください。
5.表彰
 ◇ 大会賞(講師選)
          天位・1名(富山県知事賞・北日本新聞社杯)
          地位・2名(富山市長賞・日本歌人クラブ賞・北日本新聞社楯)
          人位・3名(富山県歌人連盟賞・北日本新聞社楯)
          秀逸・佳作 若干名(富山県歌人連盟賞)
 ◇ 講師賞     天・地・人 各1名
 ◇ 作品参加賞(欠席者優秀作品)若干名
 ◇ 北陸ブロック優良歌集賞(日本歌人クラブ))
6.交流懇親会
 ○大会終了後、県民会館8階のバンケットホールにおいて、講師 三枝会長 を囲んでの懇親会を予定しています。

 

昨年の大会 講師 永田淳先生


 IMG_3009.JPG

「短歌づくり応援ボランティア」活動報告6:富山県立高岡商業高校(6月8日)

富山県立高岡商業高校において、3年生27名の生徒さんと交流しながら短歌づくりの応援を実施しました。

 

「高校生万葉短歌バトル」への応募を目標におき、多忙ななかでの短期集中の取り組みでした。

活動内容は、昨年の大会本戦で提出された「七夕」と「つながり」の題詠にある「心情の折り込みのこつ」、次に「独自の素材」の例示によるつかみをし、その後はグループごとの講師の援助のもと短歌をつくる活動を実施しました。

取材、構想から進めるため、1時限でどこまで作れるか、講師陣も見通しが立たないなかでの試みでした。10分経っても、言葉ひとつも書き込めない生徒さんもいました。

 

そのなかで、「言葉よりも想像など浮かべてみよう」や「朝からの行動を思い出してみて」などの講師の助言を受けた生徒さんが、講師の言葉に素直に応じて、独自の素材をみつけていく様子がみられました。また、生徒が話すテーマに対して、具体的に表現することを対話のなかで引き出す援助がなされる場面もありました。このような生徒さんと講師の対話を周囲の他の生徒が聞きながら、自作のヒントにしていく自発的な学びの姿もみられました。

時間が経つにつれ、短歌づくりに生徒さんの気持ちが乗っていく姿が印象的で、講師陣も励みになりました。

ほとんどが1時限で1首を完成させるまでにはいたりませんでしたが、生徒さんの取り組みにみられた挑戦心、素直さ、感度の高さが、完成に向かうことを確信させてくれました。

高校生最後の夏を燃焼しようとする高商若人の息吹にふれた貴重な時間でした。

 

 

よきご縁に感謝し、高岡商業高校の生徒さんの短歌づくりの挑戦が皆さんの高校時代の足跡となり、継続の炎となることをご祈念申しあげます。高校生短歌バトルの会場でまたお会いできますことご期待申し上げます。

 

 

富山県歌人連盟メニュー
富山歌人連盟について
会員の活動
入会案内
イベント情報
事務局より
ブログ
お問合せ
プライバシーポリシー
facebook

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS