短歌のこだまin宇奈月 2019

令和元年11月16日(土)、17日(日)紅葉真っ盛りの宇奈月で「短歌のこだまin宇奈月2019」を行いました。
16日は、吟行会の後、トークセッションを行いました。
講師は、県歌人連盟会長 上田洋一先生  テーマは「北の風土と詩歌」でした。
夜は、延対寺荘で、特別ゲストの松平盟子先生を囲んでの夜なべ談義で盛り上がりました。
17日は、県歌人連盟会長、黒部市長様のご挨拶のあと、記念講演を行いました。。
講師は、 歌人 松平盟子先生です。
演題は「晶子と啄木 ー姉弟のように親しんだ二人の天才」でした。
与謝野晶子と石川啄木の出会いから、二人の関係について、エピソードを交えながら熱く語っていただきました。
講演のあとは、表彰式でした。表彰の後、松平先生より講評をいただきました。
結果は、下記の通りです。
自由題の部(選者 松平盟子先生) 出詠57首
☆短歌のこだま大賞
友と呼べる人は何人ゐつだらう去年より細き秋刀魚がならぶ 加藤充子(射水市)
☆黒部市長賞
焦がしたる桐の木ぎれを眉墨に母はほそ眉ととのへてゐき 畠山満喜子(富山市)
☆北日本新聞社賞
亡夫(つま)の名も嫁ぎし娘(こ)の名も記されて今も五人の謄本に在り 福島美子(黒部市)
☆歌人連盟賞
新涼に太る柚子の実葉陰れに朝あさ違ふいつむうななや 位寄澄江(射水市)
事実のほつりほつりと打ち終へて送る秋夜の低温メール 仲井真理子(小矢部市)
☆優秀賞
嗅覚に障りある身は木犀の傍に大きく息吸ふてみる 小林圭子(砺波市)
天上を通り過ぎゆく涼風を知るすべもなき地べたの蟻んこ 石坂募(高岡市)
宝華(ほのか)、聖礼(せら)、莉心愛(りのあ)、心寧(ここね)、茉佑(まゆ)ジュニアの賞状ルビ付して読む 上田洋一(黒部市)
史の詠む修那羅(しょなら)の石の像古りぬ石のいのちは土にとどまる 渋谷代志枝(小矢部市)

◇吟行詠(選者 富山県歌人連盟役員)出詠50首
☆大賞
先頭車物資がドサリ鎮座して深秋峡谷トロッコは行く 寺島紀子(黒部市)
☆優秀賞
シャガールの赤と思はせ蔦紅葉日照雨(そばえ)のすぎし黒部の山並 秋村トミ子(富山市)
湯気のぼる足湯に白き足を延べ赤き落葉と戯る少女 上田洋一(黒部市)
助手席に亡夫の杖置き運転すふたりで紅葉愛でしは去年よ 尾原永子(黒部市)
渓紅葉のっぺり青きうなづき湖鴨は水尾をひきて自在に 渋谷代志枝(小矢部市)
富山県歌人連盟メニュー
富山歌人連盟について
会員の活動
入会案内
イベント情報
事務局より
ブログ
お問合せ
プライバシーポリシー
facebook

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS