富山県歌人連盟会誌 『富山県歌人』 第60号が発刊されました

令和元年度の会誌 『富山県歌人』 第60号が発刊されました。

 

『巻頭言』               富山県歌人連盟会長 上田洋一

『富山県歌人』は令和の新しい代になって最初の発刊を、しかも60号という節目で迎えることとなりました。新元号の出典が日本最古の歌集『万葉集』であり、尚且つ大伴家持の父である大伴旅人が太宰府で催した梅花の宴で詠んだ長歌の一節であるということから、万葉の昔、家持の国守として迎えた私たちも誇らしさと同時に不思議な縁を覚えます。
この2,3年、富山県では大伴家持の生誕1300年を記念した様々な行事が繰り広げられてきましたが、祝賀ムードとともに万葉集に人々の関心が集まったことは大変喜ばしいことと想います。想えば五七五七七の短歌の形が万葉集の時代から千年余の時空を超えて今に伝えられていることに驚くとともに、日本独自の短詩計文学の力を
改めて教えられました。
新元号の考案者ではないかと言われる高志の国文学館の中西進館長は「令和」について「日本の風土に根差した独自の表現」と語っていますが、私たちは家持の越中万葉からも、富山の風土の豊かさを見直す機会を得たように想います。
令和の「令」は美しい、うるわしいの意味を持つとのことですが、来る年が、文字通り「令和」に相応しい年となるように願うとともに、会員の皆様のご健詠を心より祈念申し上げます。

 

主な内容
◆短歌大会講演記録
第48回富山県春の短歌大会
「とやまの詩歌をよむ〜次世代につなぎわたす豊かな詞藻〜」
講師 木下晶
第61回記念富山県短歌大会
「短歌と散文のあいだに」 講師 東直子

◆会員短歌集『私の5首』137名

◆富山県歌人 追悼記 あべ まさこ 氏

◆エッセイ  佐野 善雄  畔田 正幸

 

 

◇事務局より

会誌『富山県歌人』を購入ご希望の方は、事務局長(平井)またはHPの「お問い合わせフォーム」からご連絡ください、

令和2年の県歌人連盟会員の新規会員を募集しております。会費は1年間3500円です。初心者、個人会員の方大歓迎です。

歌人連盟加入の短歌結社及びサークルへの入会を希望の方は、事務局よりご紹介させていただきます。見学及び体験入会も可能です。

短歌に興味のあるお方は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

富山県歌人連盟メニュー
富山歌人連盟について
会員の活動
入会案内
イベント情報
事務局より
ブログ
お問合せ
プライバシーポリシー
facebook

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS