第12回 富山県ジュニア短歌大会の結果

今年はコロナ禍により、残念ですが、例年実施しておりました表彰式は取りやめとなりました。
受賞者の皆さんには、講評とともに賞状をお送りしました。
たくさんの応募、ありがとうございました。


入賞作品は下記の通りです。おめでとうございました。
入賞作品紹介
小学校の部(応募総数584首)

〈最優秀賞〉
マスクして三みつさけてはかまいりせみの鳴き声おきょうみたい  

                    高岡市立博労小3年 中井亜里沙
〈優秀賞〉
くわがたをたくさんとったなつやすみつぎはばったとますくもとりたいな 富山市立古里小1年 横井廉太郎
あめのなかうしろをみたよすごかった!くもよりたかいたてやまとざん  高岡市立横田小1年 宮 亘
いえの中テントをたててミニキャンプひみつきちだね夏の思い出       富山市立古里小2年 山下愛叶
つゆあけてひまわりにせをぬかれたよ青い空からわたしを見てる               黒部市立荻生小3年 畑 海音
友達とわちゃわちゃ遊ぶ日常がシンプルだけど楽しくて好き                     富山市立古里小6年 畑 明星

〈佳作〉
もう五時半テレビの前でドキドキだ朝乃山よりきんちょうするぼく            黒部市立荻生小2年 中嶋将弥
見上げれば雲一つないあおい空水平線にしんきろう出る                           黒部市立荻生小4年 長矢空璃
あみの中ざりがにちょきちょきおどってる赤いはさみがとても強そう         富山市立古里小4年 加藤綾
春風にのってたびたつ花になりきみを泣かせてみたい3月                        高岡市立博労小5年 丹羽愛梨
せみの声短い命ひびかせてただひたすらにこもれびのなか                        高岡市立横田小5年 篠島一乃
パチパチと線香花火音立てて姉の横顔一瞬照らす                                    氷見市立窪小5年 中村彩良
かき氷のとけてくように終わってく短き休み2学期になる                        氷見市立窪小5年 指崎雄飛

 

中学校の部(応募総数 746首)
〈最優秀賞〉
水田に映る早苗と朝焼けを共に揺らして水馬(あめんぼ)走る   

                     南砺市立井口中1年 梅基和心美
〈優秀賞〉
あたり前そんなものはないのだと突きつけてきた新型コロナ                    南砺市立井波中1年 三角仁美
新しい友が欲しくて声かけるあと一言をチャイムが止める                       富山市立岩瀬中2年 松浦慶芽
君のこと感じていたくて思いはせ少し背伸びの本を手に取る                    富山市立岩瀬中2年 大江華穂
だんだんとすり減っていく下駄箱の靴それぞれに詰まった思い出              黒部市立明峰中2年 竹山綾音
竹刀振る剣道場に響く声暑さのりこえ一歩踏み込む            高岡市立五位中2年 水谷太一

〈佳作〉
休校で学力低下?将来は『コロナ世代』と言われるのかな                      富山市立西部中2年 山本惟央
夏の空海におちてく陽を見ると君におちた日ふと思いだす                      黒部市立明峰中2年 村上文太
ホルンの音我の想いと夏風に乗せてかなたに響けよ響け                         黒部市立明峰中2年 川上葵寧
コンクール静寂の中先生の手が上がってそろう一音目                            射水市立新湊南部中2年 二口絢圭
暗くなった部活帰りの田んぼ道一番星が明るく輝く                           射水市立新湊南部中2年 新中拓海

 

富山県歌人連盟メニュー
富山歌人連盟について
会員の活動
入会案内
イベント情報
事務局より
ブログ
お問合せ
プライバシーポリシー
facebook

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS