第46回 富山県春の短歌大会 報告

第46回 富山県春の短歌大会  報告

 

平成29年4月9日(日)午前10時より、富山県高岡文化ホールにて、
第46回 富山県春の短歌大会を行いました。約70名の参加がありました。

 

上田洋一県歌人連盟会長の開会の挨拶のあと、
主催者である富山新聞社の松井高岡支局長様より、お祝いのお言葉をいただきました。

 

午前の部は、富山大学人文学部教授 中井精一先生より、
「方言と古語〜万葉集に注目して〜」という演題のご講演を拝聴しました。

 

午後の部は、全体短歌会を行いました。
評者による出詠歌の批評会を行ったあと、互選結果を発表し表彰しました。
評者は司会を含め6名で行いました。
      司会…石垣美喜子(理事)
      総合評者…米田憲三(名誉会長)
      前半評者…仲井真理子(理事)石坂 募(幹事)
      後半評者…畠山満喜子(理事)平井信一(理事・事務局長)

 

互選結果は下記の通りです。おめでとうございます。

◇天位(高岡市長賞・富山新聞社杯)きらきら
   君がまだそこに座つてゐるやうな 風座らせてしづかなる椅子     高島玲子

◇地位
   日に幾度セーラー服を試着する春待つ少女すがすがと立つ 石黒久枝
   雪止みて陽の差す道の立ち話服着た犬が主人を急かす 法原洋子

◇人位
   此れの世を上手に友みな去る春の花だいこんはあふれ咲きおり 村山千栄子
   残照を浴びつつひとり目つむれば音なく竹の葉散る気配あり 櫻野ムツ
   戸障子に両手を添えて閉める人 なつかしきかな昭和の日常 松井玖美

◇秀逸
   人込みで「きのどくなあ」と富山弁思わずふり向くネオンの銀座 佐伯悦子
   はらはらとひらひらひらとくるくると桜が散るよ園児の列に 明石幹雄
   母親の身長超せりとるんるんの小五の少女「体重はヒ・ミ・ツ」 西嶋圭子
   日をおかず息子は再びの帰省せり父になること直に告げむと 小林圭子 ※息子(こ)

◇佳作
   そろばんの珠を払ひてご破算と祖父言ひさうな今朝の青空 伊勢照
   雪投げて赤き幼の手をさすり保育士祈りの手に包み込む 渋谷代志枝

◇作品参加賞(欠席者高得点)
   青天へ児を高々と抱きあぐる若き父あり春風のなか 大井睦子
   うつむいた人ばかり乗る二十二時とき刻むように吊り輪が揺れる 伊藤亜佐里
   容易すくつながるネットの世の中を孤食に慣れてかぼちゃ煮てをり 杉浦良子
                                                                    ※容易すく(たはやすく)
◇選者賞
   仲井真理子選
      此れの世を上手に友みな去る春の花だいこんはあふれ咲きおり 村山千栄子
   石坂 募選
      君がまだそこに座つてゐるやうな 風座らせてしづかなる椅子 高島玲子
   畠山真喜子選
      掌に受ける〈天の手紙〉は美しき間合ひに届きぬ今日ぼたん雪 中川暁子
   平井信一選
      古城の紅冬至咲く石段を弓道少女駆け足で往く 西川敦子 ※古城(ふるしろ)

 

第59回 富山県短歌大会は、10月15日(日)富山県農協会館で行います。
講師に永田淳先生(塔選者)をお招きする予定です。
会員以外の一般参加も募集します、詳細は、後日掲載いたします。

 

IMG_2423.JPGIMG_2426.JPGIMG_2433.JPGIMG_2444.JPGIMG_2446.JPGIMG_2457.JPGIMG_2458.JPGIMG_2474.JPG

富山県歌人連盟メニュー
富山歌人連盟について
会員の活動
入会案内
イベント情報
事務局より
ブログ
お問合せ
プライバシーポリシー
facebook

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS