「短歌づくり応援ボランティア」活動報告5:滑川市立滑川中学校文芸部(2017.8.1)

夏休みの最中、滑川市立滑川中学校文芸部において、自作の推敲をめざした歌会による応援を実施しました。
およそ1年ぶりの応援活動でしたが、生徒さんの心身ともに顕著な成長がとても印象的でした。
始めに講師が「短歌は心のストレッチ」と語りかけ、歌会の構えを整えました。出席の生徒は6名で、13首について批評し合いました。
選歌は一人2首、その2首の「良いところ」も考えてから歌会に入りました。歌材は、身近な事あるいは想像によるものでした。若者らしく、流行語(「うぇーい」、リア充)も織り込んだ作品もあり、講師が、生徒から意味などを教えてもらいながら進めていきました。昨年の作品よりも調べや 構成、考え方などにおいて、確かになっていました。歌会での発言も作品世界に踏み込んで意見を交わすなど、鋭い感性も輝いていました。

歌会では、互いのよさを確かめながら、それぞれの作品を吟味し、検討点についての改善方法をみつけていきました。歌会を通して学んだこととして担当の先生が次の点をあげられました。

 

「短歌についての学び」
\睫世茲蠅睇措未箒饌療なことを表現することで短歌が生き生きとする。
∩杼を駆使する場合ややもすると、観念的になりがちだが、場面の構造と描写が重要になる。
C参里任蓮⊂鐡絛隋福嵜傭里譴此廖◆嵋天の星」など)を使わない方が印象的な表現を目指せる。
上記の3点は、歌会後の推敲における視点にもなっていました。

 

生徒さんは、日常の活動で黙々と小説を書き綴ることが多いそうです。今日のように、短歌を披露しあって、意見交換をすることはほとんどないそうです。創作活動において、ときには他者の意見を聞くという活動も上達には大切だと思った生徒さんもいました。

ある生徒さんが「自分が考えている以上に、読み手はよく考えて読まれるのだと気づいたので、これからは、自分ももっと考えて読めるようにいろいろな短歌作品を読んでいきたい」と感想を述べていました。

残された問題として、作者がねらっている主題(伝えたいこと)が、肯定的であっても表現から享受されることとずれることをどう考えればよいか と提示されました。この問題は、長年取り組んでいる私たちにとっても究極の課題ではないかと思います。まずは、思い通りに言葉を駆使できていないというスキル面での未熟さに関わります。また、「作品は差し出されたときから、一人歩きするものである」という特質にもふれることもあるのではないでしょうか。

 

継続でのご愛顧に感謝し、文芸部員のお一人お一人が、先生方のお導きを支えに個性的な文芸創作に邁進され、やがては富山の文芸分野を担う存在としてご活躍くださいますことをご祈念申しあげます。

 

富山県歌人連盟メニュー
富山歌人連盟について
会員の活動
入会案内
イベント情報
事務局より
ブログ
お問合せ
プライバシーポリシー
facebook

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS