第47回 富山県春の短歌大会の結果報告

第47回 富山県春の短歌大会を行いました
平成30年4月15日(日)10時より、高岡文化ホールにおいて、春の短歌大会を行いました。
上田歌人連盟会長による開会の挨拶のあと、富山新聞社様よりお祝いの言葉をいただきました。
午前の部は、万葉歴史館主幹研究員 関 隆司先生による講演を拝聴しました。
演題は『読まれ続けること』でした。
午後の部は、合同短歌会でした。
出詠された短歌について、評を行いました。
司会は、畔田副会長、評者は米田名誉会長、安宅理事、日名田幹事、明石幹事、佐伯参与でした。
 
大会の結果は下記の通りです。  
天位(高岡市長賞・富山新聞社杯)
  ねむる娘の花びら餅のやうな頬うすくれなゐに透きて息づく 眦舂荵
地位
  モノトーンの雪の山河をかけぬけて友の手紙がほかほかとくる 明石幹雄
  父母はもはやこの世に在されば爪を切りおり雪降る夜に 山口桂子
人位
  身に凍みる雪の夜明けを港より出船の汽笛の底ごもる音 藤原峯子
  かたかごの花むら風にこぞり揺れ万葉乙女のさざめき聞こゆ 山森和子
  〈できるだけなが生きしてね〉3Bの文字跳ねてくる誕生日の午後 野村昭壬
秀逸
  嗚呼 あれはわたしのこどもひびき来る少年野球のこゑをひろへり 村山千栄子
  大地の精湧き出るように土筆いでもうすぐ生まれるわが家のう孫 西島敏子
  ローランドゴリラの父は子をあやし合間に遠く空を見つめる 法原洋子
  あっけなく新幹線は発車して伝えそびれてホームに吹く風 東海暁美
  春兆す窓辺に眺むる生命線起承転結のあたりを 嵯峨姫子
佳作
  春まつり煮染め・和えもの・田楽は習いし祖母の明治のレシピ 石浦好代
  越の野はふぶけど狭庭にきさらぎの香気となりて寒薔薇咲く 佐野善男
  平成の「三〇豪雪」と呟きて少年二十歳の記憶に残す 土田美咲
  命綱を胴に巻きたる工夫らの一と足ひとあし崖を攀じゆく 細川喜久惠
選者賞
  安宅選  バス停の除雪スコップ代わりくるる支援学校の君は一七歳 柴田照子   
  日名田選 ローランドゴリラの父は子をあやし合間に遠く空を見つめる 法原洋子
  明石選  誕生日のお祝いLINEで済ます吾に踊る絵文字が息から返り来 睫邁損
  佐伯選  温とうてこころ安らにねむに落つ寒夜添ひ寝の母の内もも 森田彦星
※作品参加賞(欠席者の高得点歌)
  ポケットでつないだ指の温もりに瞬間解凍されてく私 林田昌生
  「かえったぞ!!」柿の木の傍の戦闘帽駆けだす母の背なる記憶 小松啓一
  降る雪に音を吸わるる新幹線 光の帯がトンネルに入る 近藤朝子
富山県歌人連盟メニュー
富山歌人連盟について
会員の活動
入会案内
イベント情報
事務局より
ブログ
お問合せ
プライバシーポリシー
facebook

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS