第48回 富山県春の短歌大会の結果報告

第48回 富山県春の短歌大会を行いました
平成31年4月13日(土)10時より、高岡文化ホールにおいて、春の短歌大会を行いました。
上田歌人連盟会長による開会の挨拶のあと、富山新聞社様よりお祝いの言葉をいただきました。
午前の部は、文芸評論家 木下 晶 先生の講演を拝聴しました。演題は「とやまの詩歌をよむ」でした。
午後の部は、合同短歌会でした。
出詠された短歌について、評を行いました。

大会の結果は下記の通りです。 
 
短歌大会
天位(高岡市長賞・富山新聞社杯)
     春の陽の温もり翼に畳み込み飛び立つ朝を計る白鳥  藤 康子
地位 
         深ぶかとお辞儀をなせし少年棋士 澄みし心のひと駒を打つ 本郷咲子
   手袋が一つ車内にへたりおり拾われもせず踏まれもせずに  山口桂子
人位 
         目を合わす遺影の母は微笑んだり寂しげだったり我に合わせて    平岡田鶴子
   寄り添ふと言はれたくなし彼の人には 辺野古の海に今日も土砂捨つ 上田洋一
   やさしき目の盲導犬とゆく翁さくらの匂ひのあふるる道を      明石幹雄
秀逸 
         残り時間わづかとなりて膝にある少年未満の子のあたたかさ 仲井真理子
   永遠の走の構えに耐え得るや非常出口の緑の男       𠮷田千鶴子
   梵鐘に動じぬ鳩の二つ三つ春立つあさのひかりをついばむ  在田浩美
佳作 
         暮れなずむ佐渡に日が没ち点点と灯り消ゆれば寒凍てし闇   櫻野ムツ
   ダラリ伸び寝てゐる隣のネコ呼べば尾が返事する二度三度振る 岡峯慶子
作品参加賞(欠席者の高得点歌)
   カーラジオに流るるジャズのリズムよし冬を忘るる青天もよし   坪本幸世
   かぶせては取られてかぶせまた取られ乳児にかぶせる帽子いそがし 伊藤亜佐里
評者賞
(仲井選)「ハレ」の日のバナナであった いつからかつまらぬ顔で食む物となる  法原洋子
(石坂選)重き冷え頁に沁ませ図書室に本返り来ぬ春まだとほく          中川暁子
(山口選)梵鐘に動じぬ鳩の二つ三つ春立つあさのひかりをついばむ        在田浩美
(日名田選)たんぽぽの絮飛ぶようにみどりごの声「ホー」「ホー」と 娘の電話より 福島美子
  

短歌誌『萩』刊行

萩の会の短歌誌『萩』春7号が刊行されました。

 

季刊短歌誌『原型富山』 180号

季刊短歌誌『原型富山』180号が発刊されました。

 

 

 

第48回 富山県春の短歌大会のご案内  終了しました。

第48回 富山県春の短歌大会のご案内 ※一般参加 大歓迎です

 

平成31年4月13日(土)10時より 高岡市の富山県高岡文化ホールにおいて、春の短歌大会を開催いたします。

県歌人連盟会員でない方も参加いただけますので、ぜひご参加ください。一般参加、歓迎します。

◇主催:富山県歌人連盟・富山新聞社
◇後援:富山県・(一社)富山県芸術文化協会・高岡市教育委員会


1 と き 平成31年4月13日(土)10時〜16時
2 ところ 高岡市中川園町13ー1 富山県高岡文化ホール 1階多目的ホール

3 日 程

  ⑴ 9:00~9:50     受付
  ⑵ 10:00              開会挨拶(歌人連盟、富山新聞
  ⑶ 10:10~11:40   講演
                                            講師   木下 晶 氏(文芸評論)
                                            演題   とやまの詩歌をよむ
  ⑷ 11:40~12:00   諸連絡
  12:00~13:00   昼食・休憩
              ⑹ 13:00~15:30   短歌会
              ⑺ 15:30~16:00   表彰

 

 

 


  ⑹ 参加費     大会当日の参加費は、1,000円。会場の受付で納めてください。
                   なお、会員でない方の参加費は、1,500円です。
                   講演の聴講のみの方は500円を納めてください。
  ⑺その他     一般参加をご希望の方、会員でない方で、短歌大会への参加申込み及び歌人連盟入会等について、

                   ご質問等があれば、 お問合せフォームでメール送信してください。(ブログ担当:石坂まで)


  短歌大会事務局 〒930-0881      富山市安養坊488 平井信一方  筺FAX 076-441-0751

5 表 彰
         ◇ 大会賞(互選)天位(高岡市長賞・富山新聞杯)・1位
                                 地位・2名 人位・3名 秀逸・佳作 若干名
         ◇ 作品参加賞(欠席者高得点歌) 若干名


6 会場への交通案内
        ◇ 高岡駅からJR氷見線で「越中中川駅」下車、徒歩約3分
        ◇ 富山〜高岡間のバスで高岡市中川下車、徒歩約5分


◇歌人連盟への加入のおすすめ
1 歌人連盟に未加入の方は、大会参加を機に会員扱いとします。
2 会費は年額3,500円で、入会金は不要です。歌人連盟では、機関誌『富山県歌人』(毎年12月発行)、『連盟歌集』(平成31年発行予定)の刊行、歌壇行事や年2回の短歌大会《春の短歌大会、県短歌大会》を開催しております。ぜひ受付へお申し込みをください。

文芸誌「弦」46号発刊しました。

文芸誌「弦」46号が発刊されました。

 

 

テーマは「雪とあかり」です。
招待歌人は、秋葉四郎さん、佐藤光子さん、後藤由紀恵さん、宇田川寛之さん、茂市久美子さんの5名です。
今野寿美さんへの特別インタビューを載せました。
連載は、東直子さん「火気厳禁」、畠山満喜子さん「母のない子のように」立野幸雄さん「一本道とレモン」です。

 


 

 

『富山県歌人 第59号』を発刊しました。

明けましておめでとうございます。

『富山県歌人 第59号』を発刊しました。

上田洋一連盟会長の『巻頭言』を載せました。

 

会員以外の方で、本誌の購読をご希望される方は、事務局まで連絡ください。(※TEL、お問合せメール)

 

巻頭言  富山県歌人連盟会長 上田洋一
 今年(※平成30年)は『万葉集』を編纂したとされる大伴家持の生誕千三百年に当たり、様々な記念行事が行われました。家持が越中国守として在籍していた5年間に詠んだ二百二十三首を読むとき、改めて越中の風土の豊かさを覚えます。
『万葉集』は「多くの言の葉を集めた」という意味からその名が付けられたとされますが、高志の国文学館長の中西進先生の話によれば『万葉集』の言葉は現代語とほとんど変わらないのだそうです。万葉集の一首を通して千年も昔の人と心を通わせることが出来るのは、和歌・短歌という韻律を踏む詩形とともに、万葉言葉が現代にも通じるというところにあるかも知れません。今、私たちは短歌という表現手段を持っていることを心から喜びたいと思います。
 今年(※平成30年)は周年記念が重なり、富山県短歌大会は60回という節目を迎えました。更にこれまで県短歌大会に合わせて開催していたジュニアの部の大会も十回を迎えましたが、参加者数が年々増えてきていたこともあり、県大会と切り離して開催しました。ジュニアの部の入賞作品は瑞々しい感性にあふれたものでしたが、特に大会を彩ったのはこれまでの入賞作品を富山市市芝園中学校の美術部の生徒さんに読んでもらい、その印象を絵画にして発表してもらったことです。これが大変感動的で、短歌と絵画のコラボレーションは、短歌の魅力を伝える一つの試みとしても注目しました。
 今号は平成最後の『富山県歌人』となりました。「私の5首」に出詠された会員の皆様と編集の労に当たられた役員のご努力に深く感謝申し上げます。そして新しい元号の代に、県歌人連盟に参集される会員の皆様に更なるご健詠を心より祈念申し上げます。

 

 

「大伴家持生誕1300年記念式典」の記録誌が届きました

7月28日(土)に開催された『大伴家持生誕1300年記念式典』の記録誌が届きました。
上田会長他24名の会員が詠んだ「大伴家持や越中万葉をテーマにした短歌」が掲載されています。
 

 

 

 

 

 

零(ゼロ)2018年 第2号が発刊されました。

コスモス短歌会 富山支部 「零(ゼロ)2018年 第2号」が発刊されました。

 

「原型富山」 179号が発刊されました。

原型富山歌人会 同人誌「原型富山」 179号が発刊されました。

 

文芸誌『弦(GEN)』45号 秋号が発刊されました。

弦短歌会 文芸誌『弦(GEN)』45号が発刊されました。

 


富山県歌人連盟メニュー
富山歌人連盟について
会員の活動
入会案内
イベント情報
事務局より
ブログ
お問合せ
プライバシーポリシー
facebook

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS